看護師辞めたい…デメリットをなくす転職方法とは?

 

“実際に手術などをして入院するとわかる
看護師さんのありがたさ…”

 

日々、頑張っている看護師さんを応援します。

 

目次

新人看護師の悩み

 

嫌な仕事は辞めるべき?

 

看護師はずっと勉強が続く仕事

 

看護師というのは感謝される仕事

 

3年経っても辛いことが続く場合

 

いつ来てもおかしくない辞めたくなるタイミング

 

看護師を辞めた後に注意すること

 

看護師自体がイヤではない場合…

 

デメリットなく転職を行う方法

 

看護師が注射をしなくていい職場

 

看護師が転職前に見ておくべき求人サイト

 

 

看護師、辞めるのはちょっと待って…

ナースというと男性からも付き合いたい女性の職業に
ランクインされているように人気な職業です。

 

ですが、仕事内容は
人の命とかかわっているので
とても責任のある仕事です。

 

そして人間関係などストレスも多く、
夜勤など肉体的にキツイことも多いです。

 

 

新人看護師は3か月で辞めたくなる?

看護学校で勉強をして資格を取り
ようやく頑張って看護師になり

 

いざ仕事に就くと、
毎日わからないことだらけ…

 

勉強しなければいけないことも多いだけど
家に帰ると疲れてすぐにベッドに入って寝てしまう

 

そして病院では
先輩看護師に厳しく叱られる日々…

 

気づくと毎日、
仕事前になると息苦しくなり、
時には泣いてしまうことも

 

仕事の覚えが遅い自分に自己嫌悪を感じ
不安になって涙が止まらなくなったり…

 

 

看護師になって3カ月
思わぬいろいろな重圧に耐えきれず、
いつしか毎日、辞めることばかり考える
ようになってしまう人もいます。

 

また、先輩看護師からいじめを受けて
誰にも相談できずに一人で抱え込んでしまったり…

 

>>目次に戻る<<

 

 

失敗ばかりで落ち込む新人看護師…

 

仕事で失敗ばかり続いて落ち込む看護師さんはたくさんいます。

 

いくら資格がある看護師だからといっても
新人だとわからないことや慣れないことばかりなのは当然です。

 

 

採血、点滴が苦手…

 

採血や点滴で注射針を刺すというのは
新人看護師さんで初めにぶち当たる壁といってもいいかもしれません。

 

 

“翼状針を付けて真空管採血すると、
最初の1本は取れても、
2本目途中で止まってしまう…”

 

“緊張感が続き
半年ほど採血、点滴の失敗が続いている…”

 

そして、先輩看護師に横でため息をつかれてしまったりすると
とてもこの先やっていけるかと
不安になったりもするでしょう。

 

★注射が苦手な人へのワンポイントアドバイス

翼状針で不安なときは
最初に固定用にテープを2〜3本用意して
翼状針を刺した後、羽の部分をテープで固定するとやりやすいかもしれません。

 

また、真空管での採血の失敗が続くのなら
血管の細い人にはシリンジで採血してみては?

 

 

結局は経験を積んでいくしかないかもしれません。

 

最初から得な人はいません。
患者さんに心から
“採血をさせていただく”

 

という気持ちを忘れないで
数をこなすことで上達していくでしょう。

 

また、あまりにも注射をするのに
抵抗が拭いきれないのであれば
注射をしなくていい、もしくはその機会が少ない職場
を選ぶというのも一つです。

 

但し、注射をしない職場にいくことで
いつまでもその苦手意識は克服できなくなってしまう可能性があるということを
認識しておく必要があります。

 

敢えて困難に立ち向かって慣れるように頑張るのか

 

いずれはまたチャレンジするという気持ちを持ちつつ
とりあえず、どうしても苦手なものから距離を置くのか…

 

 

いずれにしても
せっかく掴んだ看護師という職業ですから
続ける方向で頑張って欲しいですね。

 

>>目次に戻る<<

 

 

嫌な仕事は辞めるべき?

もしかすると、あなたも
看護師の仕事が嫌になり
辞めようかと思っているかもしれませんね。

 

確かに、嫌なことを続けていても
精神的に良くはありません。

 

ですが、
嫌なことからすぐに逃げ出してしまうというのも
もったいない気がします。

 

だって、せっかく勉強して資格をとって
なれた職業ですし。

 

まだ数カ月や数年くらいで
ベテランになれるワケはありません。

 

仕事への重圧感、いじめなどを感じて
体調を崩しそうなくらい辛い場合は
師長、看護部長などに話を聞いてもらいましょう。

 

一人で抱え込まず、
まずは人に話を聞いてもらうことで
何かしらの解決策を見いだせることもあります。

 

>>目次に戻る<<

 

看護師はずっと勉強が続く仕事

多くの看護師さんは
働き出した当初は辛いことばかりが多く
それでもなんとか続けていくうちに
ようやく仕事の楽しみを得られるようになります。

 

中には20年以上看護師として勤めて
ようやく最近仕事が楽しくなってきたという人もいる世界です。

 

そんな人でも
初めは先輩よりも早く出勤して
先輩より遅く帰宅し
何度も注意されて涙をこぼす経験をしてきています。

 

1年経つと1年だけ経験が積まれ
新人に教える立場となり、
それがやりがいになったり、
新たな勉強になったり…

 

部署が変われば当然覚えることもまた増えます。

 

妊娠、出産、産休などで休むと
仕事に復帰するときはまた覚えることが増えます。

 

このようにずっと勉強は続きます。

 

>>目次に戻る<<

 

看護師というのは感謝される仕事

 

普段、健康でいるときは
病院などにお世話になることは
少ないかもしれませんが
病気やケガをして手術などをしたことがある人は
お医者さんや看護師さんのありがたさが身に染みたと感じたことがあるでしょう。

 

看護師さんという業務は
ただ仕事としてやっているだけでなく、
中にはそれ以上の支えになっていることもあります。

 

“局所麻酔のとても痛い手術をしたとき
看護師さんが隣で
ずっと手を握っていてくれたのが
とても助かった。

 

本当に感謝しかない。”

 

看護師の中には手術中、患者さんが苦しんでいても
手を握らない人もいるでしょうし、
“手を握る”
なんてことは
業務の一環にはないことかもしれません。

 

ですが、こういった看護師さんの
“やさしいひと手間”
は本当に天使のように感じるものです。

 

>>目次に戻る<<

 

3年経っても辛いことが続く場合

 

看護師を続けている人の多くが
仕事の辛さ、いじめ、パワハラなど
程度の差はあっても
多少は経験してきている人がほとんどです。

 

ですが、その時に
“もう少しだけ続けてみよう”
“あの時、患者さんに感謝された…”
と思いながら頑張ってきたものだと思います。

 

ですが、
もし3年以上も続けていて
今だに仕事の楽しさを見出すことができない
のであれば転職を考えてもいいかもしれません。

 

看護師という仕事自体を辞めてしまうのも
一つの選択肢ですし、
他の病院に勤務先を変えるのもアリです。

 

>>目次に戻る<<

 

いつ来てもおかしくない辞めたくなるタイミング

 

看護師さんを辞めたくなるのは
3カ月を過ぎた後でも当然やってきます。

 

1年過ぎようが3年過ぎようが
辞めたくなる気持ちになるのは
いつ起きてもおかしいものではありません。

 

ある程度、仕事に慣れて
自分にも自信がついてくると
心の中で自分をもっと評価してもらいたくなるかもしれません。
つまり、給与アップです。

 

“自分は仕事はちゃんとできるのに、
もっと高く評価してほしい…”

 

そう思うのは当然でしょう。

 

そう思いながら、仕事をこなしている中
突然、師長さんが変わり、
新しい師長さんとはイマイチ、ウマが合わない…

 

なんて時、
“別の病院にいけば、
もっと給与アップにつながるかも…”

 

 

なんてことを思ったり…

 

もちろん、
給与アップを目指すために転職を考えることは
全く問題のないことですし、
それで年収がアップするのであれば
それに越したことはないでしょう。

 

>>目次に戻る<<

 

看護師を辞めた後…

 

看護師という仕事は資格を持っていれば
仕事に復帰するのは比較的簡単でしょう。

 

一度他の仕事について
再度、別の病院で看護師として
復帰するという人も少なくありません。

 

 

但し、もし全く他の業種を選ぶとしても
お勧めできない仕事先
があります。

 

それは…風俗業界です。

 

 

風俗業界で働く人を卑下するつもりはありませんが、
実際、世間的評価は高くなく、
それでいて寿命も短い世界です。

 

仕事内容はそれなりにハードな部分はありますが、
比較的大金が短期間に稼げる世界です。

 

風俗に流れる人は
借金を返すためであったり、
今までよりもラクに稼ぎたい
と思っている人が多いでしょう。

 

人間という生き物は一度楽な道を選ぶと
そこから抜け出すのが困難な生き物です。
しかも看護師なんていうハードな仕事に比べれば
格段にラクに、そして大金を稼ぐことができる世界ですから
抜け出す覚悟をつけにくいことが多いようです。

 

まだ20代の若いうちは
それなりに稼げるかもしれませんが、
30代を超えてくるとだんだんと需要がなくなってきます。

 

それに気づかず、ズルズルとその仕事を続けていると
40歳、50歳を過ぎて稼げなくなってしまっても
風俗から抜け出せずいるという悲惨な状態になるケースもあります。

 

>>目次に戻る<<

 

看護師自体がイヤではない場合…

 

“今の仕事先は辛い…
でも、看護師自体の仕事は嫌いじゃない”

 

そう感じているのであれば、
勤務先を変えることを考えてもよいでしょう。
看護師業務であればハローワークでも見つかるかもしれません。

 

また、いきなり今すぐ辞めるわけではないけど
いずれ辞めることがあるかも…
と感じている人も多いでしょう。

 

そのような場合は、
看護師専用の転職サイトがありますので
そちらに登録しておけば
“辞めたい”
と思ったときにすぐに行動することができます。

 

>>目次に戻る<<

 

デメリットなく転職を行う方法

 

嫌な職場は一刻も早く離れたいと思うでしょう。
とはいえ、当たり前ですが、
辞めた後の仕事はちゃんと考えておくべきです。

 

中には蓄えがかなりあるので
スッパリと辞めたあと、
しばらく長期の旅行などにいく
という人もいたりします。

 

ですが、そういった方も
裏ではちゃんと求人サイトに登録をして
求人案内のオファーを受けられるようにしていることが多いようです。

 

蓄えがあまりない場合だと
しっかりと次の働き先を先に見つけておく必要があります。

 

また、離れる職場に対しても
最低限の礼儀は通しておくべきです。
世の中、広いようで狭いものですから
あまり印象の良くない辞め方をすると
知らないうちにそういったウワサが
次の勤務先にも伝わってしまうこともありえます。

 

 

すぐに辞めるか、しばらくして辞めるか…
いずれにしても将来的に転職を考えている
のであれば、求人サイトへの登録は
先にやっておいても良いでしょう。

 

登録したからといって
すぐに案件を紹介してもらえる
という保証もありませんし、

 

逆に紹介してもらった案件先に
入職しなければいけないというわけでもありません。

 

>>目次に戻る<<

 

  • 以下のページでは

    登録しなくても“履歴書の書き方”など
    役に立つ情報がわかるサイト
    様々な条件交渉も行ってもらえる
    求人サイトを紹介しています。

 

【見逃し注意!】
看護師が転職前に見ておくべき求人サイト

 


ホーム RSS購読 サイトマップ